スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.08.22 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    明後日(3/3)、リーディング企画ブラッシュ第二弾!

    0
      相馬です。

      さて、先日ぽんプラザホールに、とある公演チラシが届きました!


      ブラッシュ第一弾(1/28)でリーディングを行った、
      山下キスコさんの彼女の公演チラシです!

      戯曲の上演が決まったようです!
      ブラッシュを経て、『彼女鵝戮どんな作品に仕上がったのか楽しみです。
      ブラッシュ第一弾(1/28)のサイトレポートはコチラでお読み頂けます!

      もちろん!!
      第二弾の参加劇作家の藤原達郎さんからも、
      改稿を重ねた『ハバブレイ(ク)』をお送り頂いております!


      ブラッシュ第二弾を経て、『ハバブレイ(ク)』がどんな風に変わっていくのか!?

      皆さんも戯曲がブラッシュアップされ、
      育っていく様子を一緒に楽しみませんか??

      今回の参加劇作家の藤原達郎さん、
      普段は北九州の飛ぶ劇場で俳優として活躍されています。
      2010年から劇作を開始されたそうです!

      『ハバブレイ(ク)』は、北九州のとある営業所での、
      何気ない日常が描かれています。
      他県出身の私には、飛び交う方言も魅力的でした。
      また、戯曲の所々に散りばめられた藤原さんならではの小ネタが、
      とっても面白いです。
      お楽しみに

      また、劇作家の方にもブラッシュはオススメです!
      ディスカッションの時間に、観客の皆さんの意見を聞くことで、
      自分の作品を書く時に今までとは違った視点をもつことができるかもしれません!!

      ブラッシュが福岡の劇作家の皆さんにとって、
      劇作の技術を切磋琢磨する場となるよう、私も頑張りたいと思います!

         
      『ハバブレイ(ク)』 
      作・藤原達郎飛ぶ劇場

      【ゲスト劇作家】
      前田司郎(五反田団
      森馨由(劇団HIT!STAGE
      (敬称略・あいうえお順)

      【キャスト】
      江利角直由(WET BLANKET
      梶川竜也(劇団風三等星
      古賀今日子(che carino!/che carina!
      小林民治(sway
      田中千智(宇宙色ばれっと
      西和博(演劇集団非常口
      宮地悦子
      (敬称略・あいうえお順)

      【時間】
      17:00~20:00(予定)

      【会場】
      博多区祇園町4丁目の稽古場
       
      【参加費】
      500円

        

      まだまだご予約受付中です。
      ご予約はコチラからどうぞ!!


      戯曲ワークショップ「都市日記fukuoka」3回目 〜最終回レポート〜

      0
         古賀です。

        戯曲ワークショップ「都市日記fukuoka」3回目が行われました。
        ワークショップは最終回です。

         

        最終回の今回は、前回テキスト化してきたものを成果発表という形式で、
        発表会をおこないました。

        成果発表では、受講者それぞれがテキストにおこしたものを一連に発表することで、
        福岡の街の一部を浮かび上がらせようとするものでした。

        発表形式は自由。

        レポート形式に発表する方、
        見てきた風景や街を行き交う人々の描写を一人芝居のように発表する方、
        テキストを朗読して録音したものと中洲の風景を録画したものを流す方、
        他の受講者に協力をえてテキストを再現する方、
        などなどテキスト自体も様々ですが、発表形式も様々で見応えのあるものになっていました。

        成果発表は当日の15時開始とし、
        それまでの時間は発表準備として各自発表のための台詞覚えに使ったり、
        他の受講者の発表を手伝う人はそれぞれ動きの確認や打ち合わせなどをして
        成果発表の時間に備えていました。


          


        だいだい的には広報していませんが、
        ワークショップ関係者だけでないオープンな場にしようということで、
        当日ツイッターでも呼びかけ。

        時間少し前にツイッターを見て参加者もいらっしゃいました。

        時間通りに発表会を開始です。

        まず、発表の導入として福岡市内、中洲周辺の地図をプロジェクターで映し、
        受講者がどのあたりを歩き、取材したかなどについて説明です。


         


        発表順通りに次々と進みます。


          

          

          

          


        発表後は、講師と受講者で円になり、成果発表の合評会と戯曲ワークショップの総まとめをおこないました。
         


        受講者それぞれにも感想や他の人の作品について語ってもらい、
        どのようなことを考えてこのテキストを書いたかなど意見交換をおこないました。

         

        講師の松田さんからは、松田さんご自身の、現在の創作についての考えや思いを含め、
        次々に表現についての問題提起がなされていました。

         

        受講者それぞれも、今回書いたテキストや自分の創作活動についても振り返り、
        感想や質問が交わされていました。

         


        その後の最後の交流会でも、松田さんへの質問など話はつきませんでした。


        現在、もう少し詳しいレポートをまとめています。
        近々、FPAPサイトにアップしますのでそちらもぜひご覧ください。


        3/3(土)リーディング企画ブラッシュ第二弾『ハバグレイ(ク)』キャスト発表!

        0
          相馬です。

          戯曲ブラッシュアップのためのリーディング企画ブラッ
          3月3日(土)に第2弾を開催します!

          今日は第二弾の参加作品『ハバブレイ(ク)』のリーディングに、
          キャストとしてご協力いただく皆さんをご紹介したいと思います!!

                
          『ハバブレイ(ク)』
          作・藤原達郎飛ぶ劇場

          〈演出〉
          江利角直由(WET BLANKET
          梶川竜也(劇団風三等星
          古賀今日子(che carino!/che carina!
          小林民治(sway
          田中千智(宇宙色ばれっと
          西和博(演劇集団非常口
          宮地悦子

          (敬称略・あいうえお順)

                

          素敵なキャストさんにお集まり頂きました!!

          第二弾は、福岡で活動されているキャストの皆さんに加え、
          鹿児島の演劇集団非常口の西和博さんにも参加して頂きます!

          リーディングをおこなった後は、
          ゲスト劇作家の前田司郎さん(五反田団森馨由さん(劇団HIT!STAGE)、
          客席の皆さん、キャストの皆さんと一緒に、
          藤原達郎さんの戯曲『ハバブレイ(ク)』について、
          ディスカッションをおこないます!!

          愉しみ方はいろいろです!
          ・戯曲創作の世界を覗いてみたい方
          ・脚本についてその場で感想など意見交換してみたい方
          ・ゲスト劇作家や他のお客さんがどんな感想を言うのか聞いてみたい方
          ・自分も脚本を書いている、あるいは書いてみようと思っている方

          是非、ご参加下さい☆

          まだまだ予約受付中です。
          ご予約はコチラからどうぞ!!



          3/3(土)ブラッシュ第二弾のゲスト劇作家、前田司郎さん(五反田団)の紹介☆

          0
             相馬です。

            3/3(土)ブラッシュ第二弾、いよいよ来週です!
            今日はゲスト劇作家の一人、前田司郎さんを紹介させて頂きます!

            前田司郎さんは、東京を拠点に活動する五反田団という劇団を主宰し、
            劇作、演出、俳優と幅広く活躍していらっしゃいます。
            2007年には、『生きてるものはいないのか』で、岸田國士戯曲賞を受賞されました。

            前田さんの代表作とも言える『生きてるものはいないのか』は、
            映画化され、現在上映中です!
            前田さんが脚本を担当され、石井岳龍さんが監督です。

            福岡では、TOHOシネマズ天神本館・ソラリア館で見ることができます。

            また、前田さんの活動の幅は演劇だけにとどまりません。
            2005年、『愛でもない青春でもない旅立たない』で小説家デビュー。
            2007年、小説『グレート生活アドベンチャー』で第137回芥川龍之介賞候補。
            そして、2009年には、小説『夏の水の半魚人』で三島由紀夫賞受賞されています。

            なんだかすごそう・・・!?
            前田さんってどんな人なんだろう・・・!?
            と思った方!!
            前田さんと一緒に、ブラッシュ第二弾に参加してみませんか?

            ☆☆☆☆☆☆ブラッシュ第二弾の詳細☆☆☆☆☆
            【日時】
            3/3(土)17:00-20:00(終了予定)

            【会場】
            福岡市博多区祇園町4丁目の稽古場(参加者の方には詳細をご連絡致します)

            【参加費】
            500円

            飛ぶ劇場の藤原達郎さんの戯曲『ハバブレイ(ク)』のリーディングを行った後、
            戯曲のブラッシュアップのためのディスカッションを行います!!
            ゲスト劇作家は、前田司郎さん、森馨由さんです。

            お申し込みは、コチラからどうぞ!!


            3/3(土)ブラッシュ第二弾のゲスト劇作家、森馨由さんの紹介☆

            0
              相馬です。

              今日は3/3(土)ブラッシュ第二弾のゲスト劇作家の一人、
              森馨由さんをご紹介したいと思います!!

              森さんは、劇団HIT!STAGEに所属し、
              長崎県佐世保市を拠点に活動していらっしゃいます。

              森さんと言えば!!
              『白波の食卓』という作品で、
              第一回九州戯曲賞の大賞を受賞されています。

              また、『Case3〜よく学ぶ遺伝子〜』という作品では、
              第五回近松賞の最終候補に選出されています!

              実は3月に、森さんの所属する劇団HIT!STAGEの福岡公演があります!
              こちらのチラシは、3/18(日)に西鉄ホールで行われる、
              劇団HIT!STAGEの『西の桜』の公演チラシです。



              公演楽しみですね!!

              森さんの戯曲が気になった方!
              『白波の食卓』と、『Case3〜よく学ぶ遺伝子〜』は、
              ぽんプラザホールの蔵書にございます☆
              是非、蔵書貸出サービスをご利用下さい!!

              森さんが、どんな風に戯曲を読み、どんなことを思うのか、
              気になる方は是非、森さんと一緒に、
              リーディング企画ブラッシュのディスカッションに参加してみませんか??

              リーディング企画ブラッシュ
              お申し込みはコチラから。

              3/3(土)リーディング企画ブラッシュ第二弾の愉しみ方!!

              0
                相馬です。

                皆さんは、戯曲って読んだことがありますか?
                なんとなく、とっつきにくいイメージありますよね。

                でも、戯曲を読むのはとっても面白いんです!!

                リーディング企画ブラッシュに参加することで、
                こんな風に戯曲を読めばいいんだぁと、
                戯曲の楽しみ方が広がると思います!!

                さて、ブラッシュって何なの??って思っている方も、
                たくさんいらっしゃると思います。
                そこで、簡単にブラッシュ当日の流れを説明させて頂きます☆

                リーディング企画ブラッシュとは、
                戯曲のブラッシュアップのためにリーディングを行い、
                ゲスト劇作家や観客と一緒に作品について意見交換をするというものです。

                当日の流れはこんな↓↓感じです。

                劇作家の藤原達郎さんが書き下ろした『ハバブレイ(ク)』の、
                役者によるリーディングをおこないます。

                 ↓…その後

                観客の皆さんも含め、ゲスト劇作家(前田司郎さん、森馨由さん)と一緒に戯曲についてディスカッションを行います。
                戯曲の感想、意見などを観客の皆さんからも気軽にお話しいただければと思います。

                ディスカッションは、クリティカルレスポンスプロセスという手法を用いたディスカッションを行います。

                クリティカルレスポンスプロセス???
                と思った方は、是非、ブラッシュ第一弾のレポートを読んでみて下さい☆
                前回のブラッシュのレポートはコチラです。


                皆さま、是非ご参加下さい!!
                ブラッシュ第二弾お申し込みはコチラから☆

                いよいよ来週末!!リーディング企画ブラッシュ第二弾

                0
                  相馬です。
                  リーディング企画ブラッシュ第二弾がいよいよ来週末に迫っています!!

                  この企画は、戯曲のブラッシュアップのためにリーディングを行い、
                  ゲスト劇作家や観客と一緒に作品について意見交換をするというものです。

                  第二弾の参加作品は、藤原達郎さん(飛ぶ劇場)『ハバブレイ(ク)』です。

                  今回のゲスト劇作家は、
                  五反田団前田司郎さんと、
                  劇団HIT!STAGE森馨由さんです。

                  リーディングに参加して頂くキャストの皆さんも、近日発表致します!!
                  お楽しみに

                  以下、詳細です。
                  ★日時★
                  2012年3月3日(土) 17:00-20:00(終了予定)

                  ★会場★
                  福岡市博多区祇園町4丁目の稽古場(参加者の方には詳細をご連絡致します)

                  ★参加費★
                  500円

                  ※お支払い手続きはPeaTix経由でおこないます。クレジットカードかコンビニ決済となります。

                  お申し込みは、こちらから↓↓

                  「ブラッシュ」サイト http://www.fpap.jp/readingtalk/

                  皆さまのご参加、お待ちしています!!


                  リーディング企画「ブラッシュ」第1弾|レポート

                  0
                     古賀です。


                    1/28(土)開催、戯曲ブラッシュアップのためのリーディング企画「ブラッシュ」第1弾レポートです!


                    この企画は、戯曲ブラッシュアップのためのリーディング企画として、
                    新進劇作家の新作を、実際に役者によるリーディングをおこなったあと、
                    観客の皆さんを含めて作品についてのディスカッションをして、
                    作品をよりよいものにしよう、という企画です。


                    FPAP「ブラッシュ」サイトでもご紹介させていただいていますが、
                    この企画は、劇作家協会が主催している「月いちリーディング」を参考にさせていただいてます。
                    http://www.jpwa.org/main/content/view/92/


                    「ブラッシュ」第1弾の参加劇作家は、

                    演玩カミシモの山下キスコさん。


                    ****************
                    劇作家のためのリーディング企画
                    「ブラッシュ」第1弾

                    『彼女鵝覆のじょさん)』
                    作:山下キスコ(演玩カミシモ)

                    【日時】
                     2012年1月28日(土)17:00〜

                    【参加劇作家】
                     山下キスコ(演玩カミシモ)

                    【ゲスト劇作家】
                     土田英生(MONO)
                     田辺剛(下鴨車窓)

                    【リーディングキャスト】
                     ト書き…奥田奨
                     まさまさの彼女…矢野真由美((劇)池田商会)
                     マー様の彼女…山本由紀子(座”K2T3)
                     まーくんの彼女…茉莉花
                     まさっちの彼女…小塩泰史(14+)
                     白いワンピースの女…田崎小春(九州産業大学演劇研究部)

                    【ディスカッション進行】
                     高崎大志(NPO法人FPAP)

                    ****************


                    今回の作品『彼女鵝覆のじょさん)』のリーディングでは、
                    福岡で活動する役者の皆さんのご協力を得ておこないました。



                    役者の皆さんには、「ブラッシュ」開催当日の14時頃に集まっていただきました。
                    作者の山下さんより簡単に作品について説明をした後、
                    1,2回読み合わせをし、打ち合わせをおこなってから17時から本番、
                    というスケジュールでおこないました。


                    17時から早速リーディングスタートです!
                        

                    上演時間は45分。
                    お客さんには、イメージの手がかりの一つとして、
                    キャスト配置と、戯曲登場人物の相関図がわかるペーパーを配布しました。

                    リーディングの後は、10分ほどの休憩をはさみ、
                    参加劇作家の山下さん、ゲスト劇作家の土田さん、田辺さん、役者の皆さん、
                    そしてお客さんも含めてのディスカッションをおこないました。

                    ディスカッションに入る前に、ディスカッションの進め方についてのルール説明。



                    今回「ブラッシュ」のディスカッションでは、
                    4つのステップに分けて順を追って進めていきました!

                    <4つのステップ>-----
                    ステップ1:観客から作者へ(心に残ったこと、感想。否定的な発言はNG)
                    ステップ2:作者から観客へ(作者から観客へ聞いてみたいこと。なるべくシンプルに応える。)
                    ステップ3:観客から作者へ(中立的、偏りのない質問)
                    ステップ4:観客から作者へ(許可をもらっての質問。こうすればもっと良くなるのではないか。)
                    ---------------------------

                     

                    ステップ1では、『彼女鵝覆のじょさん)』というタイトルの良さや、
                    作品の中に出てくる「彼女たち」の妄想のシーンが印象に残った、ホラーのようでよかった、などの他、一人の男性をめぐっての「彼女たち」の狂気じみたやりとり、
                    そのやりとりについての様々な解釈などについて意見が交わされていました。


                     


                    ステップ2では、作者の山下さんから観客へ、
                    選択肢の中からの挙手という形でいくつかの質問が出されていました。

                     

                    「登場人物の誰に感情移入できたか」「ワンピースの女は本命だと思ったかどうか」
                    「男性(彼)の年齢」などなど。 

                    山下さんが作品を書いていく中で、お客さんにどういうふうに伝わるか不安に思ったことなどの
                    質問が出ていました。


                    ステップ3では、観客から作者へ、できるだけ具体的に、偏りがない質問(たとえば、
                    「このシーンは○○を表していると思ったが、どういう意図でおこなっていたか」など)を
                    ディスカッションしました。



                    「ラストに出てくるワンピースの女の登場は最初から決まっていたのか、
                    試行錯誤の末そうなったのか」「タイトルはどういう意味でつけたのか」「ラストに彼から来たメールはどんな内容だったのか」などの質問が出ていました。

                    また、作品が持つ具象性と抽象性について、そのバランスなどについても、
                    ゲスト劇作家のお二人などから質問や意見が出され盛り上がっていました。



                    ステップ4では、「(作者に)許可をもらって」の質問。こうすればもっと良くなるのではないか、といった建設的な意見などを作者に許可を得てからの質問、意見交換をおこないました。

                    ゲスト劇作家の田辺さんからは、「登場する「彼女たち」が4人とも割りと気があっている感じがした、もしかしたら1人を4つにわけたような意識で書いているのではないか」というお話しがあったり、同じくゲスト劇作家の土田さんから、「詰まっているところや困ったところで場を変えている感じがある、詰まっているところを踏ん張るとまた違う世界が見えてくるのではないか?」といった劇作家としてのアドバイスも含めたお話しがありました。

                    お客さんからも、「「彼女たち」がどれだけ「彼」を好きなのか、という情熱が自分には感じられなかった、「彼女たち」は淡々として楽しそうだったが、それぞれの「彼」への「愛」とか「執着心」みたいなのはどれくらいあるのかなと思った」といった意見も出ていました。


                    それに対して山下さんからは、「余白をつくりたいと思ったので、この人がどれくらい彼が好きだ、というのは作っていない」というお話しがあり、
                    また、作品中の「彼女たち」について、「思考の連鎖で反応していくことをベースに作っていくことがやりたくて、音を取り間違えてつながっていく、ということを作りたかったので、
                    「彼女たち」がよく喋る感じにした。」というお話しがありました。

                    その他、土田さんや田辺さんから、今回の作品は恋愛ものであるが、作品が清潔すぎるかもしれない、もっと性の問題などを交えるといいかもしれないといったアドバイスもありました。

                    また、

                    土田さん「自分にも経験があるが、書いていてのって書いたところと、
                    のれずに書いているところがあると思うから、そののっていないところをもう少しイメージを
                    ふくらませるといいかなと思う。自分の個を中心に、それをどれだけ普遍化するか、
                    それが表現だと思う。」

                    劇作家の先輩としての素敵なアドバイスがありました!


                    4つのステップを経て、作品について、お客さんからもたくさんの感想、意見などが出て
                    有意義なディスカッションができました。

                    山下さんの今回の作品はもちろん、今後の創作活動にも良い刺激になったのでは、と思います。



                    ディスカッションの後は、ゲスト劇作家のお二人、役者の皆さん、お客さんも交えての交流会を行いました。

                    ディスカッションの場で話せなかったことなども含めて大いに話が盛り上がっていました。

                    ***************************
                    ***************************
                    このリーディング企画「ブラッシュ」は、第2弾もおこないます!

                    第2弾は、3/3(土)17:00〜開催!

                    参加劇作家は、飛ぶ劇場藤原達郎さん

                    作品は『ハバブレイ(ク)』

                    ゲスト劇作家は、五反田団前田司郎さん劇団HIT!STAGE森馨由さんです!!

                    詳細はこちら
                    http://www.fpap.jp/readingtalk/

                    お申し込みはこちらから。
                    https://ticket.corich.jp/stage/apply.php?sid=33017&sdn=1

                    ぜひご参加くださいませ!


                    戯曲ブラッシュアップ企画「ブラッシュ」第1弾!開催まであと4日!

                    0
                       古賀です。

                      今日は福岡も雪がちらついています。

                      さて、「ブラッシュ」第1弾開催まであと4日となりました!


                      今回「ブラッシュ」の参加作品は、山下キスコ(演玩カミシモさんの新作戯曲

                      『彼女鵝覆のじょさん)』です。


                      この「ブラッシュ」は、“磨きたい!”戯曲を、地元福岡で活動する役者さんにご協力いただいて実際にリーディングをおこない、
                      リーディング後に、客席の皆さんも含めて全員で作品についてディスカッションをおこなって
                      作品をよりよいものにしよう!
                      という企画です。


                      リーディング&ディスカッションには、ゲスト劇作家をお迎えします。

                      「ブラッシュ」第1弾のゲスト劇作家は、京都で活躍する劇作家のお二人、

                      MONOの土田英生さん、下鴨車窓の田辺剛さん

                      です!!


                      土田さんは、福岡や北九州でも公演を行われていますし、FPAPの企画・DDシアターにもドラマドクターとして関わっていただきました!九州戯曲賞の審査員もされていて、福岡・九州にとても馴染み深い劇作家の方といえます。


                      田辺さんは、現在京都を拠点に活動されていますが、福岡のご出身。
                      そのご縁もあって、過去にも何度も戯曲ワークショップやセミナー等の講師をされていらっしゃいます!昨年夏には、ぽんプラザホールで下鴨車窓さんの公演『人魚』がおこなわれたので記憶に新しい方もいらっしゃるかもしれません。


                      一線で活躍されている劇作家のお二人のコメントも楽しみな企画です!!


                      「ブラッシュ」は、劇作家や創作現場に携わる方々にぜひご参加いただきたい企画ですが、
                      劇作家以外の方でも、

                      お芝居を観るのが好きで地元の小劇場演劇もよく観ているという方
                      戯曲を書いてみたいけれど、他の劇作家の人はどんなことを考えたり、どんな風に創作するのかな、という興味を持っている方にもぜひぜひおすすめしたい企画です!!


                      リーディングは公演企画とは少々違いますが、作品について、思ったことや感想をいろんな人と意見交換してみませんか??
                      そして、その声を、戯曲磨きに活かさせてください!!


                      お申し込み・詳細↓↓
                      http://www.fpap.jp/readingtalk/



                      第1弾の日程が合わないという方、第2弾もございます!

                      第2弾は、3/3(土)!!

                      第2弾参加劇作家&作品は、

                      藤原達郎さん飛ぶ劇場)『ハバブレイ(ク)』


                      です!!

                      こちらもどうぞお見逃しなく!!

                      *+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+


                      「ブラッシュ」第1弾

                      山下キスコ 『彼女鵝覆のじょさん)』

                      ★日時★
                      2012年1月28日(土) 17:00-20:00(終了予定)


                      ★会場★
                      福岡市博多区祇園町4丁目の稽古場(参加者の方には詳細をご連絡致します)

                      ★参加費★
                      500円

                      ※お支払い手続きはPeaTix経由でおこないます。クレジットカードかコンビニ決済となります。

                      ★お申し込み★
                      CoRich舞台芸術!https://ticket.corich.jp/stage/apply.php?sid=32905&sdn=1

                      よりお申し込みください!!








                      戯曲ブラッシュアップのためのリーディング企画「ブラッシュ」『彼女鵝覆のじょさん)』キャスト決定!

                      0

                        古賀です。

                        戯曲ブラッシュアップのためのリーディング企画
                        「ブラッシュ」第1弾!

                        今回の参加作品『彼女鵝覆のじょさん)』のリーディングに
                        キャストとしてご協力いただく役者の皆さんをご紹介します!!

                        * * * * * * * * * * * * * * * * * *
                        『彼女掘覆のじょさん)』
                        作:山下キスコ(
                        演玩カミシモ

                        <出演>
                        奥田奨
                        小塩泰史(
                        14+
                        田崎小春(
                        九州産業大学演劇部
                        茉莉花
                        矢野真由美(
                        (劇)池田商会
                        山本由紀子(
                        座”K2T3
                        (あいうえお順)

                        リーディング企画「ブラッシュ」詳細
                        http://www.fpap.jp/readingtalk/

                        * * * * * * * * * * * * * * * * * *

                        皆さん福岡で活動されている役者さんです。

                        『彼女鵝覆のじょさん)』は、同じ彼を待つ「彼女たち」のお話。

                        同じ人を待ちながら、敵対したり、同情したり、傷ついたり、勇気をもったり、、、、
                        という女たちが繰り広げる会話劇です。

                        「ブラッシュ」というこの企画では、
                        実際に、役者の皆さんの声によって『彼女鵝覆のじょさん)』の戯曲イメージを立ち上げ、
                        当日ご参加いただく観客の皆さんとのイメージの共有をはかります。

                        リーディングをおこなった後は、
                        京都よりお招きするゲスト劇作家の土田英生さん(MONO
                        田辺剛さん(下鴨車窓と、客席の皆さん、役者の皆さんと一緒に、脚本についての
                        ディスカッションをおこないます!!


                        ・戯曲創作の世界を覗いてみたい方
                        ・脚本についてその場で感想など意見交換してみたい方
                        ・ゲスト劇作家や他のお客さんがどんな感想を言うのか聞いてみたい方
                        ・自分も脚本を書いている、あるいは書いてみようと思っている方

                        ぜひぜひご参加くださいませ!!

                        まだまだ参加申込受付中です!!

                        CoRich舞台芸術!よりお申し込みください。

                        「ブラッシュ」第1弾のお申し込みはこちらから↓↓
                        http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=32905

                        ※お支払い手続きはPeaTix経由でおこないます。クレジットカードかコンビニ決済となります。
                        PeaTixとは?>>こちらより



                        << | 2/10PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << December 2017 >>

                        @npo_fpap

                        週刊 FPAP news

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 一歩差がつく舞台づくりを目指して!舞台メイク勉強会を開催します!
                          FPAP (04/10)
                        • 演劇部は、演劇なんてしたくない!という新入生にこそ、声をかけよう。
                          kiddy (04/04)
                        • 一歩差がつく舞台づくりを目指して!舞台メイク勉強会を開催します!
                          古賀 (10/06)
                        • 芸術の秋!文学の秋!!
                          池田美樹 (09/14)
                        • 『革命日記』のことを考えながら、ふと、宮崎での九州演劇人サミットを想いだす
                          本田 範隆 (05/19)
                        • 『革命日記』のことを考えながら、ふと、宮崎での九州演劇人サミットを想いだす
                          tomari (05/18)
                        • 永山さんの戯曲講座から生まれたお芝居、『フツーに生きてたら公衆電話なんかつかわない』本日より甘棠館で
                          劇団カミシモ山下キスコ (01/19)
                        • ハワイに行ってきます!
                          劇好き (10/22)
                        • げきたまご稽古中。
                          本田 (10/13)
                        • 誕生日プレゼント
                          中原めぐみ (04/23)

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM