スポンサーサイト

2016.07.22 Friday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    なぜ、山に登るのか

    2016.07.22 Friday 01:56
    0

      こんにちは、森國です。

      8/6-7に福岡にやってくる「最強の一人芝居フェスティバル"INDEPENDENT"」の成功を祈願して、私、富士登山挑戦します!

       

      発表してから、応援のお言葉と、「なんで登山するの?」「なんの罰ゲーム?」などたくさん聞かれました。

       

      罰ゲームではありません(笑
      自発的に登ります!

       

      これまで、カムヰヤッセン北川さんのデブカブ企画やあなピグモ捕獲団、野中さんの機関車フタバの超冒険、南無サンダーの7時間耐久上演など、カンパニーの方が体を張ってこられたり、魂を削るように芝居を作る姿を間近でみてきて、私は何もしないのか、いや私も戦わねば!と決意しました。

       

      今日は、ちょうど東京公演をしている花まる学習会王子小劇場にいって相内さんはじめ、出演の皆さんに見送られてしまいました。もうあとには引けません。

       

       

      きっと、富士の山頂でINDEPENDENTの成功を祈願してきます。やります!

       

      では、いってきます。

      category:- | by:森國comments(0)trackbacks(0)

      一人芝居フェスの公式パンフは実際すごかった(今ならもらえる)

      2016.07.21 Thursday 14:24
      0

        最強の一人芝居フェスティバル「INDEPENDENT」の成功祈願に、

        最強の山に登ってきますということで、森國さんが旅立ってしまった。

         

        旅だったその日、

        INDEPENDENTの公式パンフが手元に届いた。

         

        森國さん宛になっていたけど、

        了解を得て、開封した。

         

        かっこいい。

        表紙の画像は何度かネット上で見てたけど、

        実際手にすると、いいね。

         

        そしてやはりセレクションのインタビュー記事がいい。

         

        一人芝居って、

        なんせ一人芝居だから、

        役者さんがピンで立っている写真が世に出回っている。

        それはそれでかっこいいのだけど、

        こうやってパンフレットを見ると、

        外から見える役者さんだけでなく、

        劇作家や演出家の切り口から、このフェスティバルを眺めることができる。

         

        それがずらりと並んでいるさまは、

        WEBでは出せない味なんじゃないかと思う。

         

        映画のパンフを買わなくなって久しいけど、

        これはね、買いですよ。

         

        あ、買わなくても7月29日までにチケット予約すれば貰えるのか。

        だから、間に合わなかった人は、買いですよ。

         

        他にも色々キャンペーン実施中です。

        森國さんの富士登山と併せて、お楽しみ下さい。

        http://infes3ss.jimdo.com/special/

        category:公演企画 | by:本田comments(0)trackbacks(0)

        一人芝居フェスの公式パンフはすごいらしい(今ならもらえる)

        2016.07.18 Monday 18:08
        0

          こんにちは、森國です。

           

          夏だ!一人芝居だ!INDEPENDENTだ!

           

          という勢いで、今年も最強の一人芝居フェスティバル"INDEPENDENT"が福岡で開催されます。

          **************

          2016/8/6-7

          最強の一人芝居フェスティバル"INDEPENDENT" 福岡公演

          ゆめアール大橋

          http://infes3ss.jimdo.com/

          **************

          INDEPENDENTは、約30分程度の短編一人芝居フェスティバルをという企画です。

          大阪のインディペンデントシアターで2001年から始まり、福岡では2011年から毎年開催しています。

           

          今年は5年に一度のセレクションツアーの年!いつもに増して気合が入っています。

           

          今回のフェスティバルでは、7本の作品が福岡にやってきます。

          セレクション作品と呼ばれる4作品は、大阪で開催の INDEPENDENTで過去5年間に上演された約60本のうち、特によかった!福岡・九州の人にみてもらいたいというイチオシの4作品です。

          選出作品と呼ばれる3本は、九州&西中国10県から作品を募集して選びぬかれた期待の3作品です!10県の代表なので、日本の約1/4の代表といっても良いでしょう。

           

          現在チケット好評発売中なのですが、観劇予定の方には、ぜひ早めの予約をオススメいたします!

           

          というのも早めに予約をすると、早期特典として、公式パンフレット(売価500円)がもれなく貰えるのです!

          (一度締め切られたのですが、期間が延長されたので、まだ間に合います!ラッキー)

           

          しかもその公式パンフ、結構すごいらしいのです。

          ではここで、大阪公演で、パンフを手にした方の感想をみてみましょう。

           

          後悔する前に、ぜひ今予約しましょう!パンフがもらえるのは7/29(金)24時までの予約分です。


          他にも、ステッカーが貰えるキャンペーンもやっています。

          早めに予約してキャンペーンに参加して、たくさんおみやげをGETしてくださいね!

           

          2016/8/6-7

          最強の一人芝居フェスティバル"INDEPENDENT" 福岡公演

          ゆめアール大橋

          http://infes3ss.jimdo.com/

          JUGEMテーマ:アート・デザイン

          category:公演 | by:森國comments(0)trackbacks(0)

          今年も始動!!福岡県大学合同公演

          2016.05.18 Wednesday 12:10
          0
            地元・福岡の大学生有志が集まり、毎年開催している福岡県大学合同公演。
            今年も秋の公演に向けて始動している模様です。

            5/7にパピオビールームで、公演に向けたワークショップがありました!
            企画運営したのは、地元の大学生。
            今回は、「個性を引き出せワークショップ ジブンを崩せ、カラ壊せ」と題して、川口大樹さん(万能グローブ ガラパゴスダイナモス脚本・演出家)を講師に招き、約50名の大学生、専門学校生たちが集まりました!



            川口さんから演技をするときに、意識すること、イメージすることを教わりながら、グループにわかれて脚本読みを行いました。




            参加した人からは「自分の演劇部とは違うやり方がしれてよかった」「初めて出会う人と一緒に芝居をしてみて楽しかった」という声がありました。WS後の交流会では、各演劇部の公演や、お芝居の作り方などの情報交換がおこなわれていました。



            最後は実行委員の西田くん、関くんから参加者に向けて挨拶。
            「みんなと一緒にお芝居をつくりたいので、ぜひ参加してください!」と力強く語っていました。
            今年の大学合同公演は9/10-11を予定。

            大学合同公演は、福岡で大学生が行う公演としては大規模な公演です。
            私はこれまで、4回大学合同公演をみてきましたが、この合同公演をきっかけに知り合って合同公演のあとも一緒にお芝居を続けている、という人がたくさんいます。
            公演には興味があるけど、経験がなくて参加するのは不安だな、といっていた人も、公演が終わる頃には一番楽しそうにしていたりします。相談できる仲間がたくさんいて、みんなで知恵を出し合うことで、誰もが活躍できる場所が合同公演だと思います。
            やってみたいな、と思ったら、ぜひ参加してみてくださいね。


            ↓オーディションの詳細は、コチラ↓
            福岡県大学合同公演blog
            役者オーディションのお知らせ!
            http://fukuokagodo.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

            Twitter
            https://twitter.com/godo_fukuoka
            メールアドレス
            fukuoka_godo(アットマーク)yahoo.co.jp


            〜大学合同公演の軌跡〜
            2015年『中二病』
            http://fukuokagodo.wix.com/fukuokagodokouen
            2014年『エゴサーチ』
            http://2014goudou.tumblr.com/
            2013年『キレイ』
            http://godo2013.jugem.jp/
            2012年『大江戸ロケット』
            http://blog.livedoor.jp/godofukuoka2012/
            2011年『きみがいた時間 ぼくのいく時間』
            http://goudou2011.jugem.jp/
            2010年『髑髏城の七人』
            http://www.fpap.jp/10kinen/stage/univ.php
            2007年『アロハ色のヒーロー』
            http://www.fpap.jp/daigaku/index.html


            JUGEMテーマ:アート・デザイン

            あなピグモ捕獲団福永さん、下鴨車窓『渇いた蜃気楼』のアフタートークに登壇

            2016.05.03 Tuesday 09:08
            0
              先月、あなピグモ捕獲団穐大成公演〜双曲一音を観させていただきました。

              ぽんプラザホールの舞台を、通常より拡げているはずなのに、
              所狭しと身体を動かす役者さんいっぱい。セリフいっぱい。
              照明の色いっぱい、音いっぱい、映像までありで、
              てんこ盛りでした。

              エンターテイメント一直線な感じですね。

              その初日に、今週末福岡公演がある、
              下鴨車窓の田辺剛さんがアフタートークにゲストとして登壇しました。

              下鴨車窓といえば、
              特に今回の『渇いた蜃気楼』という作品で言うと、
              役者3人、照明最小限、音セミと風鈴のみ、映像なし
              の最小限スタイルです。

              絵画とかでいうミニマル・アートと言っちゃっていいんでしょうか。(違ったらごめんなさい)

              片や足し算の芸術、
              片や引き算の芸術で、
              どんなトークになるのか楽しみでした。

              19時の公演が終わって、
              いよいよアフタートークがはじまるぞというとき、
              4月14日 21時26分でした。

              客席の携帯から警報が一斉に鳴り出し、
              何事かと思っている内に、客席が揺れました。
              福岡は震度3くらいだったので、大した影響はなかったのですが、
              途中からトークどころではなくなった感じになりました。

              そのリベンジというわけではありませんが、
              5月6日の下鴨車窓の福岡公演のアフタートークに、
              あなピグモ捕獲団の福永さんがゲストとして登壇します。

              あの時聞けなかったあれやこれやを、
              この日に聞いていただきたいと思います。
              下鴨車窓『渇いた蜃気楼』は、福永さんの目にどのように映るのでしょう―。

              【公演詳細】
              下鴨車窓『渇いた蜃気楼』
              場所:ゆめアール大橋
              出演:大沢めぐみ、藤原大介、高杉征司
              脚本・演出:田辺剛

              日時:
              5月6日(金)20:00◎
              5月7日(土)13:00◎
              5月8日(日)13:00
              上演時間目安:約90分
              ◎は公演終了後 アフタートークあり

              下鴨車窓WEB

              下鴨車窓『渇いた蜃気楼』撮影者=築地静香
              撮影者=築地静香
              Check
              category:公演 | by:本田comments(0)trackbacks(0)

              Calender
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              252627282930 
              << September 2016 >>
              @npo_fpap
              週刊 FPAP news
              Selected entry
              Category
              Archives
              Recent comment
              • 一歩差がつく舞台づくりを目指して!舞台メイク勉強会を開催します!
                FPAP
              • 演劇部は、演劇なんてしたくない!という新入生にこそ、声をかけよう。
                kiddy
              • 一歩差がつく舞台づくりを目指して!舞台メイク勉強会を開催します!
                古賀
              • 芸術の秋!文学の秋!!
                池田美樹
              • 『革命日記』のことを考えながら、ふと、宮崎での九州演劇人サミットを想いだす
                本田 範隆
              • 『革命日記』のことを考えながら、ふと、宮崎での九州演劇人サミットを想いだす
                tomari
              • 永山さんの戯曲講座から生まれたお芝居、『フツーに生きてたら公衆電話なんかつかわない』本日より甘棠館で
                劇団カミシモ山下キスコ
              • ハワイに行ってきます!
                劇好き
              • げきたまご稽古中。
                本田
              • 誕生日プレゼント
                中原めぐみ
              Link
              Profile
              PR
              Search
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM